気まぐれに、あなたの窓を開ける風

本当は気まぐれではないのですが、三次元から見たらまるで気まぐれのような風が吹くことがあります。

場合によっては、長く大切にしていたものを奪われてしまったり、ずっと隠してきた傷や痛みを暴かれてしまったりすることも。けれど、その風には意味があります。長い間閉ざしていた窓を開いて、新しい空気を取り入れる時期が来ているのだと思います。

千尋は、その風の真意を問うたり、時には風をあなたの元へ招き入れたりします。

ここでは多くを語りません。
なぜなら、必要な方にはこれだけで伝わるから。

ぴんと来た方はどうぞお問い合わせください。

あなたにもどうぞ良き風が吹きますよう。

千尋