国東探訪

過去と現在が同時に存在しているとすると、未来も今ここにあるんじゃないだろうか。

月に2回ほど、中学生に英語を教える講師をすることになった。
講師はふたりいるので、私はどちらかというとサポートなのだけれど、初々しいこどもたちに「先生」とか呼ばれるとどうにもこそばゆい。私は学校教育において英語が得意だったことがないので、初日に「私が英語を教えることになるなんてびっくりしてます」とかなんとか挨拶したのだけれど、その後家に帰ってから突然、大学生のときに中学・高校の英語の教員免許を取ろうとしていたことを思い出した。

私の両親は、教員だった。
小学生くらいのときに「将来の夢」なんて作文を書かされたりするけれど、夢なんて特になかったので「(両親のような)学校の先生になりたいです」と適当なことを書いていた。そのあとも特にやりたいことがないまま、「センター試験を受けなくていい」という理由で受験した大学にひっかかって進学したはいいものの、ついに将来を考えなくてはいけなくなって、「教員以外の仕事のイメージが全くわかない」という理由で教員免許を取るべく単位修得に励んだ。大学3年間で単位は集まったのだけれど、「さて、教育実習に行こう」と思ったら、その大学には「成績の悪い学生は教育実習には行かせません」という規定があり(とってもいい規定だと思います。)、常に単位ぎりぎりで乗り切ってきた私は教育実習に行けず、もちろん教員になることはできず、なんだかいろいろあって今ここ国東にいる。

教員になるのが夢だったとは思わないし、むしろなれなくて良かったと心から思うのだけれど、それでも一度は目指した職業に関わっていることに(自分自身すっかり忘れていたとはいえ)感慨を覚えずにはいられなかった。

でも、国東ってそういう場所だよなあとも思う。

昔「いつかこんなことができたらいいなあ」と思ったお店を本当に作ってしまうとか(Atelier素家さん)、「カポエイラを習いたい」と思いつつもずっと機会がなかったのに突如国東にカポエイラ同好会ができてしまうとか、いつかと思っていたことが現実になるという話はもはや「国東あるある」なんじゃないか。

昨日は、ピタゴラスイッチの曲で有名な「栗コーダーカルテット」のライブが日出町(日出町を国東に入れていいのかという議論はさておき)のカフェ、kamenosさんであった。
私は10年以上前に買ったアルバムが大好きで、今でも聞いているし、心がささくれたときにはいつも助けてもらっていた。あのあたたかな音色を生で聞きながら、当時の浅はかなりに一生懸命生きていた自分と出会ったような感覚を覚えた。

過去と現在と未来は別のものだと思っているけれど、本当はすべて同時に存在するのではないか。クリストファー・ノーラン監督の「インターステラー」では、ブラックホールの中が過去につながっていたけれど、国東には過去と現在の境界が薄くなる瞬間がある。「思い出す」とか「がんばって実現する」というような過去からつながる流れとは全く別の、「過去のある瞬間と現在がピンポイントでつながる」という感覚。

最近はちょっと慣れてきて、不思議だと思っても「まあ、国東だしな」で納得してしまう自分もいる。