移住

豊後高田市で家を探す【その3】

前回の記事:豊後高田市で家を探す【その1】
豊後高田市で家を探す【その2】

翌日は、真玉温泉の奥にある空き家へ向かった。
温泉施設「スパランド真玉」の前を通り過ぎながら「この近くなら風呂が多少壊れていても温泉に通えてむしろ素敵」という妄想が一瞬膨らむが、伊藤さん(仮名)の車は容赦なくどんどん山へと向かう。ゆるく曲がった道の先に突然立派な石造りの鳥居が現れたりして、なんだかわくわくする土地だ。崖の上へと続く謎の階段、お寺や磨崖仏(らしきもの)、ジブリ映画に出てきそうなどっしりとした木。車を停めて見てまわりたい衝動に駆られながら伊藤さんを追うと、崖のふもとに目的の家があった。車から降りて開口一番「ここすごいですね!お寺とかいっぱいあって!」と伊藤さんとオーナーの小川さん(仮名)に言うと、「ふーん、そういうもんかねえ」とふたりともぴんとこない様子だった。

空き家を見学する

この家の値段は50万円(応相談)。いったいどんな家なのかと正直不安もあったが、玄関を入ると思っていたよりも明るく小綺麗だった。平屋建ての空き家は以前雑貨屋だったそうで、家の一部が店舗スペースになっている。ガラスの引き戸はカーテンがかけられていて、こぢんまりとしたスペースには今も商品棚が置かれていたままだ。

間取りによると、家全体が裏手の崖に沿ってすこし歪な形になっている。和室が5部屋並んでいるが、奥の2部屋は崖が近いために空気が通らず、湿気で畳がだいぶ痛んでいた。(人が住んでいれば大丈夫だそうだ。)台所に続く和室には掘りごたつが設けられていて、思わずテンションがあがる。昔は練炭で暖をとっていたそうだが、今は白熱灯が設置してある。こたつ布団があればすぐにでも使えそうだ。
小川さんによると、ガス水道は使わなくなって10年ほど経っているとのこと。詳しいことは点検しなければわからないが、おそらく改修が必要だという。風呂のボイラーも壊れているので直さなければ使えない。改修費用がどうしてもかかってしまうため「買った人の好きなように直してもらえればそのほうがいいかと思って」という意味でこの価格だそうだ。
肝心(?)のトイレは当然汲取式で、なぜか極端に狭い。昔ながらの段差のある和式トイレに洋式便座が設置されているのだが、座るとすぐ目の前が扉という配置でどう考えても落ち着かない。(この物件最大のネックだ。)しかもこのあたりは下水道が通っていないという。改修するならば合併浄化槽になるが、トイレが台所と離れているため費用は嵩むだろうとのお見立てをいただいた。

「ここらへんも空き家が多いんだよ」と小川さんは言った。「ほら」と示された田んぼの向こうには、1階部分が崩れかけている2階建ての立派であっただろう家が見える。「ああなったらもう壊すしかない」らしい。伊藤さんが「今、大家さんが責任を持って壊さないといけないような法律をつくってるところなんだわ」と教えてくれた。そうか、もしこの家を買ったとしたらいずれはこの家を売るか壊すかしなければならないのだな、と考える。
(参考:空家等対策の推進に関する特別措置法案(衆議院)

「(リフォームに興味があって)床の張り替えとかしてみたいんです」とふたりに話すと、「ちょうどいい、隣が大工さんだから」と小川さん。さらに「ここのすぐそばに仙人みたいなおじいちゃんが住んでいて、豊後高田市に移住してもう10年になるの。一度話を聞きにいってみるといいかも」と伊藤さんが教えてくれた。素敵なご近所さんがいらっしゃるようで、一層この物件に興味がわいた。

今日のまとめ

土地の雰囲気、店舗スペース、掘りごたつ。(トイレ以外は)とても魅力的な家だった。
伊藤さんに「結構いいなって思ってます」と話すと、まずは業者さんにガス水回りの点検をしてもらって、改修が必要かどうか、必要であればいくらかかるか見積りを出してもらうといいと教えてくれた。そこから先は市役所を介さず、私とオーナーである小川さんの間のやり取りになる。(トラブル防止のために不動産業者が入るが、その費用は市が負担してくれる。)
その一方で、やはり所有はちょっと…という気持ちもまだある。1年くらい賃貸に住んでみてからもう一度考えればいいんじゃないの?と、私の理性は言っている。今回は賃貸物件をひとつも見なかったし、もう少し時間をかけて見てまわってもいいかもしれない。

test