移住

豊後高田市でも地域おこし協力隊の募集が始まり、迷う。

豊後高田市から新潟に戻って1週間後、見慣れない市外局番から電話が来た。

「豊後高田市役所地域活力創造課の伊藤(仮名)ですが」
先日、土曜日も休日出勤で家探しに付き合ってくださった伊藤さんだった。「その後いかがですか?他の物件情報とかご覧になりました?」と聞く伊藤さんの声は、電話越しでもあたたかい。あの時は楽しかったなーまた伊藤さんに会いたいなー、とほんわかしかけてふと現実に返る。そうだ、私はあろうことか(?)豊後高田市の隣の国東市の地域おこし協力隊に応募してしまったのだ。
「いえ、あの、」実は、と言いかけて一瞬ためらい、結局「まだです」とだけ答えた。たぶん伊藤さんは「そうですか」と言って、空き家バンクのことやお試し居住の話をしてくれたと思うのだけれど、あまり記憶にない。
地域おこし協力隊のことを伊藤さんに話すべきだろうか。そもそも、豊後高田市と国東市はいったいどういう関係なんだろう。燕市と三条市のようなライバルなんだろうか、それとも豊後高田市がリードしているという認識なんだろうか。そんなことを考えているうちに「また何かありましたらご連絡くださいね」と電話を切る流れになってしまったので、「すみません、実は…」と切り出した。

国東市の地域おこし協力隊に応募してしまったけれどもし落ちたら豊後高田市に住みたいと思っている、ということをお伝えすると、なんと伊藤さんは「豊後高田市でも地域おこし協力隊を募集していますよ」「もし仕事内容にご興味があったらぜひ募集してみてくださいね」なんて言う。そんなばかな。大分県での募集は全部確認したはずだ。しかし、地域おこし協力隊のサイトを確認してみると、たしかに豊後高田市の募集が見つかった。ほんの2日前に掲載されたばかりで、募集締切は3月下旬、採用は5月1日からとなっている。伊藤さんから教えてもらわなければ知らないままだっただろう。
これはもしかして、国東市の募集は結局落ちて豊後高田市に行く流れになるのではないか?と考えた。

しかし翌日、国東市役所から電話が来た。「この度は地域おこし協力隊にご応募いただきありがとうございました」と物腰柔らかい印象の声の男性で、面接の日程の連絡だった。書類審査は無事通ったらしい。電話口の丁寧な対応になんだかほっとする。もし国東市の選考に受かったならそれはそれでいいのかもしれない、と思い直す。

とりあえず今月21日に国東市で面接だ。その先のことはまだ何ひとつわからない。