旅行

国東市で車なし生活【2日目/自転車①】

前回の記事:国東市で車なし生活【1日目/徒歩】

今日は旧正月。海から昇る初日の出を拝もうと夜明けとともに目を覚ましたが、残念ながら曇りだった。


【国東市サイクリングターミナル】

自転車を借りるべく、宿泊先のすぐ隣にある「道の駅くにさき」へ向かった。しかし建物が思いの外小さい。中に入ると完全に直売所だ。いったいどこで自転車が借りられるのだろうと思ったら「道の駅くにさき」は施設の総称で、海まで続く公園のような広い敷地に、観光案内所「国東市サイクリングターミナル」と飲食店と物産館と直売所がそれぞれ独立して建っている。木立の向こうが「国東市サイクリングターミナル」だった。
受付で「自転車を借りたいんですけど」と聞くと若い女性が応対してくれた。「どちらからですか?」「新潟です」「ええ!なんでまた」というやり取りを経て、ここまで来た経緯を伝える。すると彼女は「私も外から来たんです」と言って、大分市の出身であること、国東市に住み始めて1年以上経つこと、そして空き家を改修して住んでいるということを話してくれた。俄然私のテンションが上がる。「私も空き家に住みたくて!」と言うと「なんだったら今晩うち来ます?」と誘ってくれた。もちろん行くしかない。とりあえず連絡先をいただいてから、自転車の話に戻った。

「今日はどのあたりに行かれます?」「山のほうに行ってみたくて」と決めてないなりに漠然と答えると、「地図で見ると近く見えますけど、この辺から結構山ですよ」と地図を指しながら教えてくれた。「今日は風も強いし」と勧められたのは富来エリア。ここから海沿いを10キロほど行ったところにある。あれこれマップやガイドを見せてもらいながら、富来にある「松風」で「たこちゃんぽん」を食べて戻るというコースを辿ることにした。
IMG_3652.JPG
国東市の飲食店が30店舗掲載されている、国東市観光協会制作のフリーペーパー。
ざっと見た感じ、とり天とたこ飯が国東市の名物のようだ。


【くにさきサイクリングロード】

この道の駅くにさきを中心として、海沿いを南北にサイクリングロードが整備されている。(昨日空港から宿泊先まで歩いていたときにも看板を見かけた。)富来まで、国道ではなくこのサイクリングロードを通ることにした。「(行き止まりありのハラハラドキドキ)くにさきサイクリングマップ」という手作り感のある地図をもらう。フォントが少し小さくて気づくのが遅れたが、よく見ると名前がやばい。行き止まりってなんだろう…と思いながら、道の駅を出て川沿いを海へ向かった。
IMG_3651.JPG
サイクリングロードの各ポイントが画像と文章で説明されていてわかりやすい。
よく見るといちばん上に赤い文字で「行き止まりありのハラハラドキドキ」と書かれている。

続きはこちら:国東市で車なし生活【2日目/自転車②】

test