移住

ついにムカデが出没した。

【虫が嫌いな方はお気をつけ下さい。】

ついに遭遇した。
湿気が好きで、梅雨が近づくと姿を現すという。ムカデだ。


【ムカデと戦う】

ワイン片手にほろ酔いでアベンジャーズ2を見ていると、部屋の中でぱたん、と乾いた音がした。私からほんの1m先に、いた。

壁からは約50cm。位置からすると、天井を這っていたところをうっかり落ちてきたのだろうか。足が上に向いてしまったらしく、ぐりんぐりんと全身をうねらせながら体勢を整えようとしている。この世のものとは思えないその動きに、叫ぶのも忘れて見入ってしまった。長さは約15cmほどだろうか。足がたくさんついているのが見えたけれど、今思うと「百足」の割に意外と少ない。

何度も脳内で訓練してきたとおり、玄関脇に設置してある長いトング(参考記事:田舎暮らしで驚いたこと。〜虫と共存する。)を持ってきた。危うくムカデはすっかり体勢を整えてさくさくと歩き出していたので、すかさず背後からトングで捕える。「やべえ!捕まった!!」とばかりに全力でじたばたするので、トングをぎゅっと強く握る。足がとれてしまったらかわいそうだなあとも思うけれど、それどころではない。ガムテームもビニール袋も用意する余裕がなく、とりあえず玄関から外に放り出してから急いでドアをしめた。とりあえず一件落着だが、振り出しに戻っただけという気もしなくはない。


【ムカデ対策を施す】

1匹いると10匹はいる、と言われるムカデである。次はいつ来るかわからない。

・蚊帳を吊る
蚊帳
昨年(まだムカデも見ていなかったのに)あまりの恐怖から購入した蚊帳をベッドに設置した。「ムカデは下から入ってくる」と聞いたのでテントタイプの蚊帳も持ってはいるが、とにかく「突然上から落ちてくる」という恐怖が拭い去れないのと、テントタイプは出入りが面倒なのでとりあえずこの形でいこうと思う。ちなみにこれはIKEAで買った蚊帳。インテリアとしても可愛い。
・ヒノキのアロマを置く
効果については賛否両論のようだが、ムカデがヒノキ(またはペパーミント)の香りを苦手とするという説があるようだ。偶然、枕元にヒノキのアロマオイルをしみこませた素焼きストーンを置いている。オイルを数滴追加して、部屋中からヒノキの青い香りが漂うようにした。

・トングは有効
100均のトングのあまりの優秀さに驚いた。玄関に取りに行っている間に見失ってしまうという可能性も考えられるため、各部屋にひとつあるとより安心だ。寝ぼけていても万が一に対処できるよう、ベッドサイドにもひとつほしい。

・粉状の忌避剤を撒く
ムカデの習性を調べたところ、餌を求めて家に入るが基本的には外に住んでいるようだ。夜行性だというので、明日になったら家の周りを忌避剤で囲んでみようと思う。

・恐怖を捨てる
「怖い!」と思った瞬間に冷静な判断力は失われる。ムカデの季節はまだ始まったばかり。目の前にいても怖い、いなくても(どこかにいるかもしれないから)怖い、では私の心が摩耗してしまう。まずは己の恐怖に立ち向かうことから!と思い立ったので、どうしたらムカデを怖がらずにすむかを考えた。
あの造形。そして、動き。そういえば、前回のアベンジャーズに出てきたチタウリ軍の深海魚のような巨大魚(?)は、外殻が堅くて全身をうねらせると骨格がきらきらと光を反射するところが、どことなく似ている気がする。もしかしたら、ムカデは宇宙からやってきたのではないだろうか。
目的は、人類に恐怖を植え付けることだろうか。(だとしたら半分は成功していると思う。)よく考えたら、毒性も備えていて生命力も強いだなんて、あまりにチートすぎる。本当に宇宙人かもしれない。


虫だと思うから怖いのだ。
「恐れるな」とヨーダも言っていた。この夏、私も私の恐怖を乗り越えようと思う。