Kくんとの406日

【10/406】神を迎えるということ。

耳あたりのいい言葉に身を委ねてはならない。

強い言葉に自らを奮い立たせてはならない。

それは人為的なものを神とする行為。

どれほど心許なくとも、その空洞はそのまま空けておかなければならない。

それこそが神。

天と人とをつなぐ、光の柱。