Kくんとの406日

【あと400日】特別な存在であることを受け入れる。

謙遜が美徳であるとされる社会において、自分が特別な存在であると認めることは難しい。しかし、物語には必ず主人公がいて、名前も明かされないその他大勢がいる。あなたは壮大な物語を描くことを望んで生まれてきた。それを成し遂げるのに必要なだけの大いなる力をもって。

人は誰でも自らを主人公とした物語を生きている。ひとりひとりの魂の目的に合わせたスケールで進行する物語。

あなたを羨む人々が現れるだろう。光があれば影ができる。光が強ければ影は濃くなる。あなたの浴びる光は眩しいかもしれないが、あなたの背負う荷物は彼らには重すぎる。これはあなたの物語。心のときめく方向を選んで。あなたの魂が求める結末はその先にある。